離婚相談

離婚相談bz

プロがサポート


離婚TOP > 離婚コラム一覧 > 離婚の弁護士の選び方


離婚の弁護士の選び方

弁護士を選ぶ場合のポイントをまとめてみました。
もちろん、全ての場合に通じるような統一の選び方がある訳ではありませんので、あくまで参考の一つとして頂ければ幸いです。


1)弁護士の懲戒処分歴

弁護士の懲戒処分歴は「自由と正義」という会報誌にのみ掲載されているのですが、最近は、インターネットで検索するといくつかのサイトで掲載されていますので、容易に見つけることが出来ます。
そのため、まずは最初に確認された方が良いかと思います。
あくまで、処分歴があるからといって直ちに辞めるべきとは思いませんが、その処分理由によるかと思います。
優秀な先生の中でも、正義感が強くて詐欺に騙されて債権回収をしてしまったとか、依頼者の弁護を頑張りすぎて、相手方の権利を過度に侵害してしまったり、弁護士会と争ってしまった、等の原因や理由によって懲戒処分を受けた経験を持つ、という先生もいらっしゃいます。
ただし、少なくとも、依頼者からの預かり金の着服・横領や、裁判を行ったと虚偽説明をして何もしなかった等の背任行為など、余りに問題のある処分である場合には、要注意です。


2)事務所の大きさ

大きなビルに広いオフィスを構え、多数の弁護士が在籍している、というような事務所は、企業法務をメインとしている所が多く、離婚などの家事問題には不慣れな場合もあります。
民事や家事を専門とする事務所は、決して1件で何億・何十億という仕事はありませんので、大抵、1名または数名の小規模事務所であることが多い傾向にあります。


3)弁護士報酬

弁護士報酬は自由化されていますが、ある程度、以前に日弁連が制定していた「弁護士報酬規定」が、一定の目安・基準にされています。
通常、離婚事件の着手金は30万〜40万。成功報酬金は、最低が着手金と同額(30万〜40万)ですが、どれだけの経済的利益を得られたかによって変動。という報酬体系の事務所が大半です。
相場に比べて、弁護士費用が極端に高いのは、離婚事件に不慣れだったり、事案が面倒だと思われて、手間がかかることを考慮して設定されている可能性が強いかも知れません。
また、弁護士費用が極端に低いのは、経験が少なく自信が無いことを反映している場合もありますし、たまたま仕事が少なくて受注を取り付けたいという思惑による場合もあります。


4)人間性

これは決して、人柄や性格が良いという意味ではありませんが、依頼者であるご自身と、どれだけ上手くコミュニケーションがとれるか先生かどうか、ということです。
最終的に、一番良く、これまでに起きた出来事や事情を知っているのは、他ならぬ依頼人本人でしかありません。
弁護士には、相手方との交渉や調停・裁判を代わりに進めてもらうことになりますので、如何に詳細の説明を汲み取ってもらえて、きちんと上手に法律に置き換えて主張立証をしてもらえるか、という点が何よりも大事な訳です。
そうなると、弁護士との意思疎通は、最も重要なテーマです。
Aさんにとっては優秀な弁護士であっても、Bさんにとってはあまり良くない先生であった、等といことが有り得るのです。
なお、誤解されている方が多いので、ひとつだけ注意して欲しい点があるのですが、弁護士は、あくまで法律問題の専門家であるということです。
離婚専門の弁護士だと聞いて相談に行ったが、あまり愚痴を聞いてもらえなかった。優しくフォローしてもらえなかった、等という話を聞くことがあります。
残念ながら、弁護士は、決してカウンセラーや人生相談など、メンタルケアの専門家ではありません。
如何に離婚を有利に進め、経済的な利益を依頼者に与えるかが一番の目的である、ということを念頭において下さい。





離婚TOP > 離婚コラム一覧 > 離婚の弁護士の選び方


離婚サイトTOP無料相談報酬・料金リンク


離婚サポートのご依頼方法  離婚サポートのお客様の声
離婚サポートの報酬・料金  離婚サポート事務所概要
離婚相談 離婚相談
離婚相談 離婚の電話相談
離婚相談 離婚メール相談
離婚相談 離婚の面接相談
離婚相談 離婚の専門家
離婚相談 離婚弁護士
離婚相談 離婚行政書士
離婚相談 離婚カウンセラー
離婚相談 離婚の基礎知識
離婚相談 離婚とは
離婚相談 男性の離婚
離婚相談 女性の離婚
離婚相談 離婚の慰謝料
離婚相談 離婚の財産分与
離婚相談 子供の養育費
離婚相談 子供の親権
離婚相談 面接交渉権
離婚相談 法定離婚事由
離婚相談 離婚の種類
離婚相談 離婚の種類
離婚相談 協議離婚
離婚相談 調停離婚
離婚相談 裁判離婚
離婚相談 離婚の必要書類
離婚相談 離婚協議書
離婚相談 離婚の内容証明
離婚相談 離婚の公正証書
離婚相談 離婚届
離婚相談 離婚届不受理申出
離婚相談 氏を称する届
離婚相談 離婚Q&A
離婚相談 離活(離婚活動)
離婚相談 離婚と住宅ローン
離婚相談 内縁の破棄・解消
離婚相談 夫婦関係の破綻
離婚相談 離婚後の手続き
離婚相談 養育費不払い
離婚相談 離婚の関係機関
離婚相談 離婚の専門家一覧
離婚相談 女性センター
離婚相談 DV・婦人相談所
離婚相談 公証役場
離婚相談 弁護士会
離婚相談 家庭裁判所
離婚相談 離婚の統計データ
離婚相談 離婚原因ランキング
離婚相談 離婚件数・離婚率
離婚相談 離婚の法律
離婚相談 離婚の判例
離婚相談 民法の条文
離婚相談 離婚の専門用語
離婚相談 離婚業務メニュー
離婚相談 ご相談方法
離婚相談 費用・料金
離婚相談 業務取扱地域
離婚相談 事務所概要
離婚相談 サイト運営者
行政書士 小竹 広光

私は、幼いころに両親が離婚し、母子家庭で育ちました。
そして、自分自身も離婚を経験しました。
離婚した後に知ったこと、苦労したこと、色々あります。
財産・仕事・友人のこと、そして子供のこと、お気軽にご相談頂けたら幸甚です。

>>>代表者ご挨拶

〒162-0822
東京都新宿区下宮比町2-28
飯田橋ハイタウン1104
行政書士事務所
飯田橋総合法務オフィス
TEL:03-5206-7773
FAX:03-5206-7780

行政書士 小竹 広光

離婚協議書・離婚公正証書の作成代行/公正証書作成センター
不倫の慰謝料に関するご相談、内容証明や示談書などの文書の作成は、『不倫慰謝料請求相談室』にお任せ下さい。不倫のお悩み&トラブル解決をサポート致します。

【離婚の無料相談】
03-5206-7773

【弁護士・行政書士】
【離婚カウンセラー】
離婚相談
離婚の無料相談窓口